犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

イグアナ・トカゲの疾病

フトアゴヒゲトカゲの眼瞼部肉腫

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、フトアゴヒゲトカゲの眼瞼(まぶた)の内側から眼球を覆うように発生した悪性腫瘍の症例です。


フトアゴヒゲトカゲのアト君(4歳、雄、体重450g)は右眼瞼が腫れ始めたとのことで来院されました。



下写真の黄色丸が腫大した右眼瞼です。

すでに瞼を満足に開けることも出来ない状態です。



下写真の真上からみた状態です。

正常な左眼と比較して、右眼の腫れ具合が分かると思います。



右瞼内側部に腫瘤が存在し、腫脹した結果、瞼を下から持ち上げているようです。



アト君は眼球を動かすことは出来るようです。



この腫瘤が何なのかを確認するために細胞診(針生検)を行いました。

腫瘤に注射針を穿刺して細胞を吸引します。



この細胞診の結果、間葉系細胞の増殖が認められました。

検査センターで確認してもらったところ、炎症反応を伴わない間葉系細胞群であり、腫瘍性病変の可能性(特に肉腫)があるとのことです。

時間と共に患部が腫大しているとのことなので、患部を外科切除することとなりました。


早速、アト君に全身麻酔を施すため、麻酔導入箱に入ってもらいました。



麻酔導入が終了したところで、外に出してイソフルランによる維持麻酔を行います。





瞼、眼球周囲の腫大が著しいため、マスクを辛うじて鼻にかけることが出来ました。



メスの切開部位ですが、眼球の裏側に回り込んでる可能性もあり、上瞼から切開を入れてアプローチする方法を採りました。



瞼の切開部を少しずつ広げて行きます。





眼瞼部は血管が豊富に走行しているため、綿棒で圧迫止血しながら切開を進めて行きます。



白いボール状の物体が腫瘤です。



眼球を取り囲むように腫瘤が存在しています。



瞼の付根近くになると太い血管(下写真黄色丸)が現れて来ます。



バイポーラ(電気メス)を用いて血管を切開・止血していきます。



腫瘤の全貌が現れ始めました(黄色矢印)。



下写真の黄色矢印はアト君の眼球です。



次いで、眼球に付着している腫瘤を少しずつバイポーラで剥がしていきます。



バイポーラの先端が眼球に接触しないよう慎重に腫瘤を剥離します。



剥離するたびに出血が始まり、滅菌綿棒で圧迫止血します。



しっかりと鉗子で腫瘤を把持して牽引します。



腫瘤の辺縁は瞬膜腺の背側葉に癒着していました(下写真白矢印)。



瞬膜腺の背側葉を切除します(下写真黄色丸)。



出血が著しいため、バイポーラでは眼球に障害を与えますので、局所止血剤(ヘマブロック®)を噴霧します。



これで何とか止血は完了しました。



止血が落ち着いたのを確認した後、5-0ナイロン糸で眼瞼を縫合します。







縫合が終了しました。



大きな腫瘤でしたが、無事摘出出来ました。

アト君の麻酔からの覚醒を待ちます。



覚醒したアト君です。



今回摘出した腫瘤です。

フトアゴヒゲトカゲの小さな眼瞼内に形成された腫瘤としては、かなり大きなものです。



下写真黄色矢印は瞬膜腺の背側葉です。

背側葉は腫瘤と癒着しており、その部分は腫瘤と一緒に摘出しました。



病理検査の所見です。

下写真は腫瘤の中拡大像です。

高度に異型性を示す類円形・多角形・短紡錘形腫瘍細胞のシート状増殖巣
から構成されています。



下写真は高倍率像です。

腫瘍細胞は高度に大小不同で類円形から楕円形を示し、奇怪な巨核を有するものも認められます。

病理医からは、これらの細胞群の高度異型性・浸潤性から悪性腫瘍の判定ですが、形態学的特徴に乏しいため、その起源の特定は困難とのことでした。

形態学的には肉腫(悪性間葉性腫瘍)を疑います。

腫瘍細胞の脈管浸潤像は認められませんでした。



手術翌日のアト君です。

すすんで食餌を摂れています。







術後2日目に退院して頂きました。

退院当日のアト君です。

まだ右眼は開けることが出来ません。





下写真は、術後18日目のアト君です。

患部の抜糸です。



瞼の開閉は、ぎこちないけどある程度可能となりました。



上眼瞼部は皮膚の色から見て、一部壊死を起こしているようです。





さらに2週間後のアト君です。

縫合部の一部は、脱落壊死を起こしました。





トカゲ類は、下眼瞼が上眼瞼に向かって開閉しますので、瞼が開きっぱなし(眼球の常時露出)という心配はありません。

上眼瞼の再生を今後、経過観察していく予定です。



大変な手術でしたが、右眼の視力も問題の無い様です。

悪性腫瘍であったことから、今後も注意して経過を見て行きたいです。



アト君、お疲れ様でした!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。



投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31