犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2016年7月 1日 金曜日

フィラリア予防は万全ですか? ~加藤獣医師便り~

こんにちはsign01
獣医師の加藤です。


今年もあと半年きりましたが
予防はきちんと出来ていますか??

特に夏に向けて注意してほしい予防は
「犬フィラリア症」です。

今回は、
みなさんに今一度確認してほしい
フィラリア症についてお伝えします!


実は数十年前では、残念ながら・・・・
多くのワンちゃん達が5~6才でフィラリア症が
原因で亡くなっていました。


現在では、飼い主様のフィラリア症に対する認識が広まり、
少ない病気の一つとなりました。


しかし、100%予防できる病気ではありますが、
全ての飼い主様には伝わっていないのが現状です。

では、どのようにしてフィラリア症に感染してしまうのか?


簡単にご説明いたしますsign01


まずフィラリア症になるには、
蚊が媒体になっていることはご存知でしょうか?


蚊がフィラリア幼虫を吸血時に、
感染犬から非感染犬へと移していきます。

フィラリアの幼虫は脱皮を繰り返しながら発育し、
犬の組織→血管内→心臓の肺動脈へ最終寄生(成虫)します。
 
下記の図を参照downwardleft

そして、下記の写真にある
白く細長い、そうめん状の長さ最大30㎝の成虫が
心臓の右心室や肺動脈弁に絡みます。


この成虫が血流を妨げることで、
心不全、肝臓、腎臓、肺などに障害を及ぼします。



※実際のフィラリアの成虫


フィラリアの予防と言っていますが・・・

犬の組織内の発育段階の幼虫を駆除しています。

組織に入ってすぐの段階や、
血管内に入った幼虫には十分に駆除できませんsweat01


上記の理由から、
蚊にさされてから1か月後からの予防薬をスタートさせ、
「1か月毎」に、お薬を飲ませていただき、
蚊がいなくなってから、
1か月後まで予防を続けていただくことが大切です。

つまり4月~12月までが
薬を飲ませる時期となりますsign03


また、十分に駆除できない段階の幼虫がいると、
上記で説明しましたが・・・

万が一、お薬をすり抜けて
成長したフィライアがいる状態で薬を投与しますと、
副作用が生じることもありますtyphoon


よって、当院はお薬を投与する前は、
必ず血液検査を行い、
フィラリアがいないことを確認してから投薬をしています。




※当院のフィラリア検査キット


話が長々となりましたが、

なぜ予防(成虫にさせない事)が大切かと申しますと、

予防より、成虫駆除がかなりの治療へのリスクや
本人の負担や経済負担を伴うからです。

なお、詳しい治療法は、
説明が長くなりますので割愛しますが、
ワンちゃんや飼い主様には、つらい治療になります。

その為にも
12月まで引き続き
フィラリアの治療(予防)を続けてくださいね。



ここまでの説明で聞き足りないことがあるようでしたら、
獣医師、スタッフに気兼ねなく、
おたずねください。

お待ちしていますsign01


 

upwardright予防気を付けようと思った方は、こちらクリックお願いします。




 


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30