犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

フェレットの疾病

2014年12月16日 火曜日

フェレットの毛芽腫(レーザーメスによる摘出手術)


こんにちは 院長の伊藤です!

本日ご紹介しますのはフェレットの腫瘍です。

過去にもフェレットの皮膚の腫瘍をご紹介してきました。

その中で一般診療で遭遇することの多い毛芽腫をレーザーメスで切除した症例をご報告させて頂きます。


フェレットのシルク君(去勢済、6歳)は左肘に腫瘤が出来て、次第に大きくなってきたとのことで来院されました。

下写真の黄色丸がその腫瘤です。





床面との干渉で絶えず患部の皮膚が、擦過傷で痂皮(かさぶた)が出来てははずれを繰り返し、ジュクジュクになっています。

細胞診を実施したところ、毛芽腫であることが判明しました。

毛芽腫は良性の皮膚に生じる腫瘍です。

以前にフェレットの皮膚腫瘍 その3(毛芽腫)で詳細を説明させて頂きました。

興味のある方はこちらをクリックお願いします。



シルク君の場合は、毛芽腫の発生部位が問題で、飼主様の希望もあり、外科的に切除することとなりました。

なるべく皮膚にダメージを与えず、極力最小の皮膚切除で留めて、患部綺麗に治すためにレーザーメスを使用することにしました。

下写真がそのレーザーメスです。

コンパクトですが、最高出力15Wまで可能なレーザーメスです。



シルク君に全身麻酔を施します。



患部の周辺を剃毛・消毒しました。

毛芽腫がキノコのようですね。





レーザーで眼を障害しないよう専用のゴーグルを装着します。









切除跡は若干炭化がありますが、出血は最少に抑えられたようです。



最後に患部を縫合します。





手術は10分ほどで終了しました。



切除した毛芽腫です。



まだ完全に覚醒しきっていないシルク君です。



これまでにも犬についてアルゴンプラズマ半導体レーザーの試用レポートもさせて頂きましたが、患部の止血がシャープで綺麗に仕上がる感じがしました。

シルク君、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30