犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2014年8月17日 日曜日

ウサギの飼い主様必見!!~薬の上手な飲ませ方~




みなさん、こんにちは(^ω^)


当院の患者様は犬dogの次に多いのが
catではなくて、なんとウサギさんなんです!

犬や猫以上に繊細で、何か病気になった際に
『ご飯を食べない。』ということだけで
命取りになってしまいますbearing

そこで、飼い主様にはお薬の投薬や強制給餌が
必要不可欠になってくるのですが
飲ませるための保定が難しく、苦労される方がとても多いです!


私も家ではウサギを飼っているのですが、
大暴れで薬やラキサトーンを飲ませるのに苦労していますcoldsweats01(笑)


診察中、飲ませ方の説明をしても
『家ではこんな大人しくしてくれないんですweep
と、いう声も良く聞くので今日は簡単な保定のコツ
みなさんにご紹介しようと思います!!


まず、ウサギさんのキックはとても力強くimpact仰向けにしても
そのままひっくり返って逃げられてしまったり・・・
うまく口に入れられても前足ではねられたり・・・

そこでバスタオル小さめのブランケット等を使って
簀巻きのようにすると暴れにくくなります!

私はブランケットを使っています(^^)

このタオルを選ぶポイントは繊維などが出ているものだと
暴れた際に爪が引っ掛かって折れる心配もあるので
そういったものは避けた方が良いかもしれないですね♪


まずは、椅子に座って膝の上に乗せます




(いつもこのブランケットを使っているのでかなり警戒しています。笑)


次に身体を包んで簀巻きにします。







ここでのポイントは出来るだけ手もしっかり
包んでしまうことです!

そうすることでシリンジやスポイトを手で払われる事を防げますwink







このような状態になったら、くるっと反転させて
ウサギさんの頭が自分の膝の方にくるようにします。











この状態にもっていければ完璧ですgoodshine

でも実は簀巻きにしても暴れる子は暴れちゃうんですよね・・・weep


そこで仰向けにするポイントは

ウサギさんを抱っこした状態でそのまま自分の体ごと
膝の上にゆっくり降ろしてあげてください!
この時に目も隠してあげることも大事です♪

不安定な保定だと暴れてしまうので
出来るだけ自分の体を密着させることで安心させてあげましょうhappy01



仰向けに出来たら、顔を持ってクイッと上を向かせます。







(この時も目を隠すように顔を持ってあげるのがポイントですshine

歯の隙間からシリンジやスポイトの先端を入れて
ゆっくり飲ませてあげてください。







これで終了ですnote


てとくん、お疲れですね・・・(笑)







慣れるまでは大変だと思いますが、
このポイントをおさえて是非試してみてくださいsign01

病気は治してあげたいけど、お薬飲ませるのが
大変で・・・weep

そんな飼い主様のお力になれたらな、と思っています(^ω^)

分からないことがあれば院長やスタッフに気軽に
お声掛けください。



これ見て頑張ってみようbearingrockと思った方は

 

こちらupまでクリックお願いします(●^o^●)shine



 


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31