犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2014年8月19日 火曜日

新米獣医師のつぶやき-part13-~肥満度チェック 結果編~

こんにちは、新米獣医の苅谷です。

お盆ももう終わりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

お盆中は当院は忙しく、私もほぼ出勤でした。


今回は前回のブログ時に得たベティさんの測定結果をもとに肥満度がどのくらいなのかをみていきましょう。




それではHill's社のソフトを起動して、測定スタートしましょう。






まずはベティの基本情報の入力です。

ベティさんも13歳と高齢になってきていますね。





次に前回測定した値を入力していきます。

それぞれの項目に入力しようとすると右側にそれぞれの部位の測定手技が画像で出てきますので測定も間違えないですね。



さあ、いよいよ肥満度判定ですね。





・・・・・

どうやらベティさんはやや肥満に分類されるようです。

確かにベティの体をみてみると、腰の部分は歳と共に筋肉量の低下によって痩せて来ていますが・・・

首の周りや肩の周りには少し肉感があるような・・・

測定結果からのベティの理想体重も現在の体重より6kgほど違いますね。

やはりダイエットが成功して、リバウンドしてしまったのか、ベティさん・・・

現実は厳しいですね。


そこでHill's社のこのソフトは減量プランも一緒に作製してくれます。





このプランはHill's社のフードのみですが、どのくらいのペースで落としていくのか、1日当たりどのくらいの費用がかかるのかを出してくれます。

減量プランまでソフトで出してもらえるのはありがたいですね。



今回、ベティさんの測定結果はやや肥満と出てしまいました。

肥満は健康に対して色々な影響を与えます。

うちの子、肥満傾向で気になりますsign01と思われた方は一度測定をしてみて減量をはじめてみてはいかがでしょうか?

私も体重が増え、ベティさんのことをとやかく言える立場ではないので、頑張って減量していこうと思います。




一度肥満度を測定してみたいかも?と思われた方はコチラupwardleftのクリックをよろしくお願いします。


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31