犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ハムスターの疾病

2014年5月16日 金曜日

デグーマウスのアカラス感染症

院長の伊藤です。

久々のブログ更新になります。

本日、ご紹介しますのはデグーマウスのアカラス(ニキビダニ)感染症です。

アカラスについては、犬の感染例を以前コメントさせて頂きました。

アカラスは犬のみならず、ハムスター等の小型齧歯類でも感染例は多くみられます。

アカラスの伝播様式は出生直後に母親から移されます。

一度、感染が成立するとその個体の体内でアカラスは生涯を全うし、他の個体に感染することはありません。


デグーマウスのディーズ君(6か月齢、雄)は、大腿部の脱毛が拡大しているとのことで来院されました。



両大腿部外側に広い範囲で脱毛が認められます(下写真黄色丸)。





痒みも伴っているようで自咬の傾向が出ています(下写真黄色矢印)。



まずは皮膚の掻破検査を実施します。

検査対象は外部寄生虫(疥癬、アカラス等)です。

顕微鏡で検査した写真を下に載せます。



黄色丸で囲んだものが今回の犯人であるアカラス(毛包虫)です。

拡大写真です。



アカラスが根毛の中に入り込み、増殖して脱毛が進行していきます。

治療法としては、イベルメクチンの内服を処方します。

投薬から1週間後の皮膚掻破検査では、アカラスが陰性でした。

さらに4週間後のディーズ君の患部写真を下に載せます。





脱毛していた患部には被毛がふさふさと生え揃っています。

免疫力が低下した結果、アカラスは増殖します。

完全にアカラスを制圧するのは難しいとされますが、今回のディーズ君の結果は良好です。





ディーズ君、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 もねペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30