犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2014年4月20日 日曜日

減量フード置いてます!!



みなさん、こんにちは(^ω^)clover


受付カウンターの前にある、フードコーナーが少しずつ
変わっていることにお気づきでしょうかhappy01??

今回はペットの肥満に悩まれている飼い主さまが多い
ということで、減量フードを中心的に紹介しています\(^o^)/shine




前回紹介させていただいた満腹感サポート、満腹感サポートスペシャルを始め、







実はこんなにたくさん種類があるんですsign01


減量を必要とするワンちゃん、ネコちゃんの
ためにつくられた 『減量サポート』





高繊維で低カロリー食事量を少しでも多めで
減量させたいbearingという飼い主様にオススメの 『r/d』





小粒タイプと、ノーマルタイプとあります(^ω^)


体重減量後の体重管理だけじゃなく、糖尿病
ストルバイト尿石症まで配慮されているフード 『w/d』  





こちらも小粒タイプとノーマルタイプとありますshine

フードコーナーに実物大の写真を置いています!
粒の大きさが気になる方はご覧くださいwink


そして当院がオススメしたいのは新商品の 『メタボリックス』 ですsign03





厳しい「食事制限」や正確な「計量」をせずに犬96%、猫88%
60日間で減量した!というデータが出ています。

また、体重減量後のリバウンドを配慮した維持食としてもオススメしていますshine


過去に減量が上手くいかなかったweep経験がある子や
去勢、避妊後の体重管理が気になるなぁ~という子にも
使用していただきたいフードになります(●^o^●)


これだけたくさんの種類があると
どれを食べさせればいいのwobbly!?と思う方も多いと思います

何より食べてくれないとダイエットは続きませんimpact

そこで気になったフードはサンプルを用意しますので
気軽に院長・スタッフまでお尋ねくださいdeliciousheart04







さらにsign03
近々メタボ健診を始めようと思っていますrockshine

肥満はたくさんの大きな病気に繋がっています。

うちの子の体型は標準的なの??
これは肥満なの???

と、気になる方はぜひ、お試しくださいdogcat


大事なペットたちの健康のために
一度、体重管理について考えてみてはどうでしょうかconfident??








うちの子、肥満かもwobblysign02と思った方は

 

こちらupまでクリックお願いします(●^o^●)shine






 


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30