犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2014年2月 8日 土曜日

毛玉注意報!~ネコ編~



みなさん、こんにちはhappy01

毎日来院されるわんちゃん達を見ていると
洋服t-shirtを着るだけではなく、最近は
それぞれカットの仕方が全く違っていて
可愛いですよねっ!

こまめにトリミングサロンに通っても
生活するうえで毛玉は付き物で
お家でもケアが必要になってくるのですが
うちの子ブラッシングを嫌がるから
すぐに毛玉が出来てしまって大変・・・wobbly

なんてお悩みが犬や猫を飼っている飼い主様には
多いのではないでしょうか???

特に長毛の猫ちゃんは家では怒ってしまうし
トリミングサロンに連れて行くのも大変という方が多く
大きな毛玉が体中に出来ている子もdespair


本日ご紹介させていただくミルキーくんは
お腹から背中にかけて毛玉がたくさん
出来てしまい、それが原因で膿皮症になってしまいました。






毛玉を触ろうとするだけで怒ってしまい、
ブラッシングが厳しいということで
今回は鎮静剤を投薬し、麻酔をかけた状態で
毛玉取り、毛刈りの処置を行いました!


安全の為、袋に入ってもらった状態で
お尻の筋肉に麻酔薬を打ちます。







ふらふら~と、してきたところで
ミルキーくんの負担も考えて早速処置にうつりますhairsalon







毛玉の量も多かったのでバリカンを2つ使い
お腹にある大きな毛玉から刈っていきます。

毛玉はすでに塊となり皮膚に密着しているので
バリカンを使う際は傷つけないよう気を付けなくてはいけませんwobbly







取れる範囲の毛玉はブラッシングで
キレイにしてあげますhappy01

ふわふわの尻尾cloudも刈るのは
可愛そうですからね><sweat01







処置がすべて終わったあとのミルキーくんが
こちら(●^o^●)shine







伏せた状態では分かりにくいかもしれませんが
バンザイをしてもらうと、このように・・・







お腹の毛はほとんど無い状態ですweep


そして取った毛玉を集めたら
なんとこんなにたくさん(゜ロ゜)impact







出来るだけ毛を残してあげたくても
ひとつ出来た毛玉がどんどん繋がって大きく
なっていき、無理に取ろうと引っ張れば痛くて抵抗します。


20分~30分程度で終わる処置ですが
麻酔薬を打つことも体の負担になるので
毛玉が出来る前に日頃のケアとして
ブラッシングに慣れさせてあげることが大事ですconfident

たかが毛玉。ですが皮膚の病気にも繋がるので
大事なペットたちのために少し頑張ってみるのは
どうでしょうか(^ω^)???











うちの子もブラッシング頑張ってみようかな!?と、思った方は

 

こちらupまでクリックお願いしますcatheart04








 


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ