犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2014年1月18日 土曜日

NO.252  てんちゃん (東浦町在住)





みなさん こんにちわnote



最近は車でよく出掛けることが多く
先週、友人に会いに三重県四日市市まで行ってきましたsign01

 

約1年ぶりの再会だったので懐かしく感じましたwink
また、時間に余裕があるときに
会いに行きたいと思いますnote







それでは患者様紹介をさせて頂きます!!!


お耳の飾り毛が特徴的な
パピヨンてんちゃんですdog








今年で10歳になる、てんちゃんdog
人間の年齢に例えると56歳だそうですよ
まだまだ元気ですsign01




そんな てんちゃんですが
一昨年から IBD という症状になってしまいました。



ここで、IBDとは何か簡単にご説明したいと思います。

IBD炎症性腸疾患のことを言います。
IBDは胃、小腸、大腸の粘膜において原因不明の慢性炎症をおこし
慢性の消化器症状(下痢、血便)を表す症候群になります。

犬、猫のIBDはどのようにおこるのかが
明らかにされていませんが
人のIBDと同じ症状ではないかと
考えられているそうです。

IBDの治療は不明な点が多く食事療法や抗菌薬では改善されません。
場合によっては生涯に渡る投与が必要とされる
困った病気です。


みなさんも気を付けてくださいねsign01



そして、てんちゃん一度、症状は落ち着いたものの
また去年に再発してしまいましたが、
今では落ち着いていて血便が出ることはないそうです。
この症状は完治することはなく一生
付き合っていかなければなりません。
ですが、薬で落ち着かせることが出来きます。









毎月の定期健診で元気な姿を見せてくれるてんちゃんhappy01

いつものお耳おそうじ等も嫌がらずに
させて頂いているので、お利口さんですwink







診察が終わり待合でリラックスしている所を
パシャリcamerasign01

でも、ちょっとカメラが苦手かな?







スタッフが声をかけると正面を向いてくれましたsign01
バッチリ決まってるねshine






IBDって?という方は

 

こちらをクリックupしてくださいnote

 


投稿者 ブログ担当スタッフ

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31