犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

トイプードルの大腿骨頭切除手術


昨日をもちまして、今年の当院の診療は終了いたしました。

低血糖のショック状態の急患の仔猫や椎間板ヘルニアで後躯麻痺のダックスフント君など、相変わらずバタバタの中ですが無事終わりました。

当院のHPをいつも見て頂いてる皆様、今年も応援頂きありがとうございました。

来年も皆様の鑑賞に堪えうる内容のHPを作っていきますので宜しくお願い致します。




本日、ご紹介しますのはトイプードルの大腿骨頭切除についてです。

トイプードルのネコポ君(手術時11か月齢、体重3kg、雄)は1か月以上前くらいから右後肢を痛がって、拳上することが多くなったとのことで来院されました。



レントゲン撮影を実施しました。

下写真の黄色丸にありますように右の股関節部の大腿骨頭が骨端分離しています。

しかも姿勢を変えてレントゲン撮影しても、この分離している骨端と大腿骨頭は不自然な形でずれて癒合しています。





おそらく大腿骨頭骨端部が先に剥離骨折を起こし、時間が経過する中で癒合不全を起こしているものと考えられました。

大腿骨の骨端線がまだ閉鎖していない若齢犬では、大腿骨頭への血管供給を骨端血管のみに依存しています。

一旦、この骨端分離を起こすと大腿骨頚が融解を起こし始めます。

そのため、最善の治療法として大腿骨頭切除手術を実施することとしました。



下写真黄色矢印は、大腿部の筋肉を切開分離して、大腿骨頭を露出したところです。



電動鋸で大腿骨頚をなだらかにカットしていきます。







下写真はカットした大腿骨頭(黄色丸)です。





切除した大腿骨頭は不整形な形状を呈していました。





切除後の大腿骨頚が周囲の筋肉に大きく干渉しないように、ロンジュールを使用して切除部を円滑にトリミングします。

最後に切開した筋肉を丁寧に縫合して終了です。



手術後のレントゲン写真です。




大腿骨頭を切除するともう歩行できなくなるのではないかと心配される方が多いです。

この手術の目的は以下の2点です。


第1に大腿骨頭を大きく切除して寛骨臼と大腿骨頭との接触による疼痛を取り除くこと。

第2に大腿骨近位端とこれを取り囲む筋肉との間に線維組織による偽関節を形成させて正常歩行を可能にすること。


ヒトでは直立歩行であり、股関節にかかる荷重は大きいでしょうが、小型犬種にあってはそれほど問題となりません。

1~2か月運動制限して頂ければ正常の歩行は可能です。


手術後、4年経過したネコポ君です。







現在では、股関節の大腿骨頭切除したことを忘れてしまうほどに元気に駆け回っているそうです。





この大腿骨頭切除手術の適応となるのは、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)や整復固定が困難な大腿骨頭剥離骨折、陳旧性股関節脱臼などが対象となります。

あくまで根本治療でなく、最終手段として選択される手術法であることを認識下さい。






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31