犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

プレーリードッグ・ジリスの疾病

2013年10月25日 金曜日

プレリードッグの真菌症

季節も秋となり、明け方は肌寒くなりましたね。

こんな季節の変わり目は体調を崩される動物が多いです。

免疫力も低下しますので、病原体による感染症にも要注意です。



今回、ご紹介しますのはプレリードッグの真菌症です。

プレーリードッグの大吉君(3歳、雄)は下顎から胸にかけて脱毛が激しいとのことで来院されました。

下写真、黄色丸が脱毛している部位です。





換毛期で脱毛ということもありますが、どうやら局所的な脱毛にとどっまています。

アカラス、疥癬をはじめとした外部寄生虫の可能性は、皮膚掻破検査の結果陰性でした。

内分泌的問題での脱毛であれば、左右対称に脱毛が生じますが左側のみにとどまっています。

最後に皮膚糸状菌の可能性を考えて、真菌の培養検査を実施しました。

その結果、真菌は陽性と判定されました(下写真で培地が黄色から赤に変化しました)。



皮膚糸状菌症は、MicrosporumTrichophytonが原因となって生じます。

上記の糸状菌の分生子(種みたいなものと思って下さい)が環境中に分散して、これを動物が被毛や皮膚に接触させて感染が成立されます。

症状としては、円形脱毛で始まるケースが犬猫では多いとされます。

プレーリードッグの抗真菌剤(内服薬)の薬用量は犬猫に準じた計算で処方します。

加えてミコナゾールシャンプーや外用抗真菌ローションを用いることで効率的な治療が可能です。

プレーリードッグに安全にシャンプーが出来るかという問題がありますので、当面は内服薬と外用ローションで効果を診ていく予定です。





今や希少種ともいえるプレーリードッグです。

大吉君、真菌症を早く治して、長生きして頂きたく思います。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
いつもの応援クリックup、ありがとうございます!


投稿者 もねペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30