犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の肥満細胞腫(その2)

以前、犬の肥満細胞腫についてコメントさせて頂きました。

本日も同じ肥満細胞腫の報告です。

パグの のり吉君(6歳・雄) は右肘にできものができたので来院されました。



下写真の黄色丸の箇所がそうです。



早速、細胞診を実施しました。





黄色丸で囲んだ細胞が肥満細胞腫の細胞群です。

細胞内に多数の顆粒を容れているのが特徴です。

肥満細胞腫は犬を初めとして猫、フェレット、ハムスター等よく認められます。

その中で肥満細胞腫のステージが確立されているのは、犬のみです。

のり吉君の腫瘍は真皮内に限局したもので、リンパ節への浸潤も認められない点からステージ1のタイプです。

悪性腫瘍であることから、外科手術を行うこととしました。

出来うる限り腫瘍の辺縁(マージン)を広くとるよう切開します。



出血箇所を電気メスで止血します。



切除した腫瘍です。






グレード1の肥満細胞腫では、1cmのマージンで切除後は完全なコントロールが可能とされています。

つまり再発はないとされています。

のり吉君の腫瘍は直径5㎜程度でしたので、早期発見早期摘出ができたので良かったです。





今後は再発を含めて経過を見ていきたいと思います。

のり吉君、お疲れ様でした!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。
 


投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30