犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

カメレオンの疾病

カメレオンの眼病

カメレオンの眼球は円錐状のまぶたに覆われて、大きく突出しています。
この眼球で360°全方向を、左右別々の眼球で捉える事ができます。
樹上の葉の茂みから眼だけを動かして、獲物に気づかれることなく捕捉することが可能です。

そんな高性能な眼球ですが病気になることも多いです。
まぶたの中にゴミ等が入り込んで、角膜の損傷を受けることもあります。
あるいはウィルス・細菌の感染によって、結膜炎になったりもします。
この点では哺乳類とあまり変わりありません。

しかし、この眼球を保護するまぶたが曲者です。
犬猫のようにまぶたを拡げて眼球の詳細を検眼鏡で調べることすら困難です。

今回、ご紹介するのは片眼が眼病になったパンサーカメレオンです。
まずは健常な側の眼です。



次は病気の側の眼です。



まぶたは大きく腫れあがり、眼球はまぶたの中に入り込んで見えなくなっています。
まぶたの中を生食で洗浄して、抗生剤の点眼から治療を始めます。



眼球の状態がはっきりわかりませんので超音波診断で確認するのがベストかもしれません。
ペットとはいえ、カメレオンは野生動物です。
ストレスを最小にとどめ、治療していくことが重要なポイントだと思います。
現在、治療は進行形ですので治療経過はまたご報告します!




投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30